大宮でお客様満足度NO1!根本改善ならメディカル整体院へ

メディカル整体院


脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは?


脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎の真ん中にある脊柱管(せきちゅうかん)が狭まり神経を圧迫することで痛みが起こる病気です。特に、60歳以上の人に多い病気で、軟骨や骨の変形、筋力の低下によって起こることが多いです。
また、重いものを持つことが多かった人や一度、腰を痛めたことがある人、長時間運転をするドライバーなどで、高齢になってから症状が現れることも多いです。

脊柱管とは?

脊柱管イラスト.png脊柱管とは、背骨を形成している椎骨の間にある空間です。
頚椎部と胸椎部の脊柱管の中には脳からの脊髄という神経が通っており、腰椎部には馬尾(ばび)という神経と血管が通っています。
脊柱管は、それぞれの部分にある神経や血管を守る役割があります。



脊柱管狭窄症の種類


1. 神経根型(しんけいこんがた)脊柱管狭窄症

腰のあたりから下股につながる神経の根元にある神経根と言われるところが圧迫される症状を「神経根型(しんけいこんがた)脊柱管狭窄症」と言います。圧迫されている部分の方の腰から足までに痛みや痺れが起こり、長時間歩けなくなることもあります。

2. 馬尾型(ばびがた)脊柱管狭窄症

馬尾神経が圧迫されて起こるのが「馬尾型(ばびがた)脊柱管狭窄症」です。
馬尾神経は、脊柱管の中を通っている脊髄神経が馬の尻尾のように分かれている部分の神経のことを言います。場所的には、だいたい第1腰椎あたりからです。馬尾神経が圧迫されることで、両足の痺れが起こります。また、重症の場合は、排尿・排便障害などを起こすこともあります。

3. 混合型脊柱管狭窄症

混合型脊柱管狭窄症とは、神経根型と馬尾神経型が混ざったタイプの脊柱管狭窄症です。個人差はありますが、症状も混合的に起こります。
混合型脊柱管狭窄症が起こる部位にも個人差があり、部位によって「頸部(頚部)脊柱管狭窄症」と「腰部脊柱管狭窄症」の2つに分けられます。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因は様々です。
先天性と後天性に分けられますが、ほとんどが後天性です。
 
ここで、脊柱管狭窄症の原因をご紹介します。
 
先天性のもの
極めて少ないですが、生まれつき脊柱管が狭くて神経を圧迫する先天性の脊柱管狭窄症もあります。
脊柱管狭窄症は、60歳以上の人が発症することがほとんどですが、先天性の場合は40代〜50代にかけて発症するのが特徴です。

長期間のスポーツや無理な動作
若い時にハードなスポーツをしていたり、仕事や家事などで無理な動作を続けていたことにより、脊椎の椎体や椎弓が変形して脊柱管狭窄症が起こります。椎体や椎弓から骨が飛び出て神経を圧迫します。
50代くらいまでは症状が全く出なかったのに、60代になって急に発症するケースが多いです。
 
反り腰やストレートネックなどの背骨の歪み
デスクワークが多かった人や、もともと姿勢が悪い人は要注意です。反り腰やストレートネックが原因で背骨に歪みが生じて、脊柱管が狭くなることもあります。脊柱管が狭くなると、真ん中を通っている神経を圧迫しやすくなり、これも高齢になってから症状が出ることが多いです。
神経は脳から足先まで通っており、神経を圧迫している場所によって症状の現れ方が変わります。
 
 

脊柱管狭窄症の症状について

脊柱管狭窄症の症状は、発症する部位によって少し異なります。しかし、痛みや痺れ、重だるいといった症状は同じです。


腕から手の指までの強い痛みとしびれ
頸部(頚部)脊柱管狭窄症の場合、腕から手の指の先まで全体的、もしくは部分的に痛みやしびれが起こります。上腕の外側から肘まで、前腕の外側から手の指まで、指先だけなど人によって症状の現れ方に違いがあります。症状が重くなると、指が思うように動かせないようになります。また、手に力が入らなくなることもあります。
 
背筋を伸ばすと腰が重だるい、痛い
腰部脊柱管狭窄症の場合、腰から足にかけて症状が現れます。前かがみで歩くと痛みはないのに、背筋をピンと伸ばすと腰から足にかけて重だるく、ひどい場合は痛みが起こることもあります。
 
足や下股の痛みやしびれ
これも腰部脊柱管狭窄症の症状です。足全体的に、または下股部分に痛みや痺れが起こります。
 
長時間、継続して歩けない
足や下股の痛みや痺れが悪化してくると、長時間続けて歩けないといった症状も現れます。途中で座ったり腰を丸めて休むと、また回復してしばらくは歩けますが、継続して歩くのが難しくなります。
 
足がもつれる
さらに症状が悪化すると、足全体に力が入らなくなり、足がもつれて歩けないといった症状が出ます。
 
寝ていても足腰がしびれる
かなり症状が悪化すると、歩けないどころか寝ていても足腰がしびれて痛むケースもあります。仰向けにまっすぐ寝転ぶのも難しく、背中を丸めて横向きにならなければ寝れません。
 
排尿・排便障害が起こる
尾骨までしびれが出た場合は、排尿・排便障害を起こすこともあります。脊柱管狭窄症の症状がおさまるまで、オムツをしなければいけないケースもあります。また、トイレで排尿・排便ができたとしても、スムーズではないので時間がかかったり、何度もトイレに行かなければいけません。
 
このように、脊柱管狭窄症の症状は様々で、重症になると普通に生活するのも難しくなります。

メディカル整体院での脊柱管狭窄症を改善する流れ

ステップの流れ.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

メディカル整体院での施術回数はどれくらい?

来院回数.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像


メディカル整体院での施術方法とは?

内臓疲労.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像メディカル整体院では、痛みや症状の根本的な原因である、身体のゆがみと内臓の位置を整え、身体の循環を改善することを目的にしている施術を行っています。
 
当院ではあくまで根本的な痛みや症状の改善を目指していて、あなたが持っている自然治癒力が最も働きやすい環境をつくるお手伝いをさせてもらうことが一番大切だと思っています。
 
脊柱管狭窄症、腰の痛みや肩のこりなどの痛みや症状で日常生活が不快な方や、家事や仕事でお困りの方には、回復のお手伝いができる可能性が充分にあります。
もし、どこへ行っても良くならない痛みや症状でお悩みの方は、気軽にご相談ください。


メディカル整体院のご案内

住      所:
〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-41-20
アクセス:
JR東大宮駅 東口より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
048-681-5033
受付時間:
10時~19時(最終受付18時)
定休日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ