大宮でお客様満足度NO1!根本改善ならメディカル整体院へ

メディカル整体院


ヘルニアについて

ヘルニアとは?

ヘルニア画像.jpg椎間板ヘルニアは、無理な圧力や力が加わることにより、クッションの役目のある椎間板の中の軟骨が飛び出してしまうことを言います。椎間板は、線維輪という円形の軟骨と髄核というゲル状の組織から成り立っています。椎間板ヘルニアではクッションの役目の一部である髄核が飛び出してしまうのです。
この寒天状の物質が飛び出して神経などを圧迫すると腰や足に痛みやしびれとして現れます。この症状を座骨神経痛と呼びます。症状が進行すると足を動かすのも困難になることがあります。

椎間板ヘルニアの原因とは?

椎間板ヘルニアは、腰に大きな負担がかかることで起こりますが、生活習慣や加齢、遺伝などが関係していることもあります。

原因1.生活環境
ヘルニア画像2.jpg立ち仕事や力仕事など腰に負担がかかる仕事の方は、椎間板ヘルニアを起こしやすいと言えます。急に重たい物を持ち上げるなど、腰に急激な負荷がかかる時は注意が必要です。また、デスクワークなど悪い姿勢で作業を行ったり、トラックやタクシーなどの長距離ドライバーなども椎間板ヘルニアにかかるリスクが高くなります。
また、タバコを吸う方も吸わない方と比較して椎間板ヘルニアを起こしやすいです。これは、タバコに含まれる「ニコチン」が、椎間板周囲の毛細血管を収縮させることで、栄養がうまく届かず、椎間板が変性してしまうからです。

原因2.年齢
骨は加齢と共に低下していきますが、椎間板ヘルニアは20代~40代など若い世代に起こりやすい病気です。これは加齢によって線維輪の弾力性が衰えても、その中にある髄核は、まだ十分に水分が含まれていて、弾力性があるからです。そのため、椎間板に圧力が加わると、一時的に椎間板の内部圧力が高まります。すると、線維輪の亀裂から髄核が外に飛び出してしまうことがあるからです。

原因3.遺伝
骨の造りや体格・体質などが関係していることがあります。椎間板ヘルニアの家族既往歴のある方は要注意です。

原因4.育児
育児画像.jpg現在、育児中という方も注意しましょう。育児はしゃがんでオムツを交換したり、赤ちゃんをベットから抱き上げる時にも腰に負担がかかります。抱っこや授乳などは想像以上に腰に負担がかかっています。

 

ヘルニアの箇所とそれぞれの症状

椎間板図gif腰椎椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間の椎間板の中央にある髄核がその周囲の繊維輪の裂け目から飛び出し、神経を刺激して、腰や下肢に痛みや痺れを感じます。どの部分の椎間板がつぶれているかによって、腰痛の症状は異なります。

5つの椎骨からなる腰椎は、上から、第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎、そしてその下仙骨には仙椎(SALCUS)と名前がつけられています。腰椎の間の椎間板は、英語でLUMBERなので、その頭文字を取って、第1腰椎と第2腰椎の間のものならL1/2、3と4の間にあるものならL3/4と呼ばれています。一方、第5腰椎と仙骨の間にある椎間板は、L5/Sと呼ばれます。

L1/2の椎間板ヘルニア
腰の上あたりに痛みが出ることが多いです。
 
L2/3の椎間板ヘルニア
足の付け根やそけい部が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。
 
L3/4の椎間板ヘルニア
太ももの前の部分が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。
 
L4/5の椎間板ヘルニア
腰痛の中で、圧倒的に多いのがこの部分です。骨は、下にあるほど重力がかかりますから、痛みやすいのです。その上、腰を曲げることがこの部分になるため、圧力がかかりやすく、症状としては、おしりから太ももの横、膝の下や、外側のすねが痛んだりしびれたりします。

L5/Sの椎間板ヘルニア
おしりの真ん中、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指がしびれたり痛んだりします。アキレス腱の反射が弱くなり、つま先歩きができなくなります。ただし、腰椎椎間板ヘルニアであっても、足の症状が出ない方もいます。進行によって症状が悪化しますので、ご注意ください。


椎間板ヘルニアになった時は?

腰椎椎間板ヘルニアのの初期である急性期には安静をすすめられることが多いです。急性期には自分の痛みの程度に応じて活動を加減することがのぞましいです。痛いからといって横になってばかりいると慢性化しやすく、なるべく早く通常の生活に戻ることが良い結果になることがわかっています。安静の方法は、仰向けに寝て膝下に毛布かまくらを入れて、膝を曲げたり、横向きになったり、痛みが減る位置を探して下さい。


ヘルニアとぎっくり腰の痛み方の違い

ヘルニア画像3.jpgぎっくり腰の場合は肉離れのような痛みがあり、ひどい場合は全く動けなくなります。ぎっくり腰というと、立ち上がった瞬間に「ギクッ」という感じを覚え、急に動けなくなるシーンを想像しますが、そのときは特に痛みを感じないのに時間が経つにつれて痛みがひどくなるという場合もあるようです。

ヘルニアは神経による痛みが中心で、ズキズキという鈍い痛みやナイフで刺されるような痛みが特徴です。ぎっくり腰のように急に激痛を伴うケースをはじめ、少しずつ時間をかけて痛みが悪化していく場合もあります。また、腰から足先にかけてしびれを伴う症状があったり、ひどいときには感覚が麻痺するケースも。力が入らず歩いたり車を運転したりできないこともあるので注意しなければいけません。


ヘルニアとぎっくり腰の痛む期間の違い

ぎっくり腰は発症後3日くらいで次第に回復し1週間程度で治るため、安静にしていれば放っておいても問題がないことが多いでしょう。
 
一方ヘルニアは、症状が軽い場合は自然と消滅しますが、症状が重い場合は1年~3年、症状によっては数年以上痛みが続きます。その場合、継続的なケアが必要で時間がかかります。また、上述したようにぎっくり腰からヘルニアになってしまうケースも見られるので、ぎっくり腰になってからなかなか痛みが治まらない場合は、必ず専門医の診断を受けてみてください。
ヘルニアとぎっくり腰はその原因や痛み方に大きな違いがあります。腰の痛みで悩んでいる人は自分がどちらのケースに該当しているかをチェックし、適切な対処をするようにしてください。


メディカル整体院での施術方法

施術内容.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

内臓疲労.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像メディカル整体院では頚椎椎間板ヘルニアに対して根本改善には筋肉や骨格、内臓機能の全てのバランスを整える事が重要だという考えで整体をしています。
 
本来、人間の体は「自分で自分を治す力」を持っています。例えば切り傷。切り傷がずっと治らない人って病気じゃない限りいませんよね。そんな感じで、寝違えでも自分の体が治せるのが普通です。その状態になって頂く事こそ本当の改善だと考えています。






メディカル整体院のご案内

住      所:
〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-41-20
アクセス:
JR東大宮駅 東口より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
048-681-5033
受付時間:
10時~19時(最終受付18時)
定休日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ